トラウマとPTSD(心的外傷後ストレス障害)のセルフケア

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
トラウマケア

PTSD(心的外傷後ストレス障害)などのトラウマに関連する症状に対処するための本をいくつか紹介します。トラウマ関連の本は、当事者が読むとそのこと自体が引き金となってフラッシュバックを起こしたり、抑うつ的になることがあります。

「しんどい」と感じたら、そのときは無理に読まないという判断も大切です。

急いでトラウマに向き合う前に、安全な環境や人間関係、あるいは健康な習慣を取り戻すことを重視してください。トラウマ記憶を持っている人は、「大きな過去」に「今・ここ」が圧倒されています。まずは、安全でリラックスできる「今・ここ」を豊かにしていくことで、相対的にトラウマ記憶は小さくなっていきます。また、「今・ここ」が豊かなほど、安全にトラウマを思い出して言葉にすることがしやすくなるのです。

 

PTSDとトラウマのすべてがわかる本

PTSDとトラウマのすべてがわかる本 (健康ライブラリーイラスト版)
PTSDとトラウマのすべてがわかる本 (健康ライブラリーイラスト版)

PTSDとトラウマについて知っておいたほうがいいことが簡潔にまとめられています。フラッシュバックや感情の麻痺などの症状をどう防ぐか、社会復帰のためにどのようなステップを踏めばいいかといったことが書かれている本です。

PTSDについての知識があまりない方はまずこの一冊から。

●トラウマは心の傷。さまざまなトラウマ反応の一部がPTSDに
●きっかけは、予測できない災害や事故、暴力や性犯罪など
●いじめや虐待が子どものトラウマを引き起こす
●PTSDの中核症状は「再体験」「回避・まひ」「過覚醒」の3つ
●PTSD・トラウマは治療を受ければ治るのか?受診のめやすと診断基準
●治療方法は、認知行動療法・薬物療法・EMDRが中心
●認知行動療法は嫌な記憶と正面から向き合い、ゆがんだ考え方を治す
●家族や友人にできるサポートの基本と注意点

 

赤ずきんとオオカミのトラウマ・ケア

赤ずきんとオオカミのトラウマ・ケア: 自分を愛する力を取り戻す〔心理教育〕の本
赤ずきんとオオカミのトラウマ・ケア: 自分を愛する力を取り戻す〔心理教育〕の本

トラウマの症状と回復の道のりが、「赤ずきん」の物語を借りてわかりやすい言葉で描かれた良書です。

トラウマからの回復には、まずトラウマについて知ること(心理教育)、そして自分を大切にするセルフケア、そして感情表現や人間関係などの生きていくためのスキルを身につけることが大切になります。

トラウマ体験を持つ当事者や、その家族、支援する人たちにおすすめします。

 

対人関係療法でなおす トラウマ・PTSD

対人関係療法でなおす トラウマ・PTSD
対人関係療法でなおす トラウマ・PTSD

トラウマ・PTSDには、フラッシュバックや悪夢などの再体験や、麻痺などの回避、入眠困難や刺激されやすさなどの過覚醒といった症状が知られています。しかし、それにだけでなく「人を信じられない」「分かってもらえない」といったように人間関係にも大きな影響を与えます。トラウマを「役割の変化」としてとらえて、人間関係のなかでトラウマ・PTSDから回復していくための本です。

 

PTSDの持続エクスポージャー療法ワークブック

PTSDの持続エクスポージャー療法ワークブック トラウマ体験からあなたの人生を取り戻すために
PTSDの持続エクスポージャー療法ワークブック

行動療法のひとつである持続エクスポージャー療法(PE)は、科学的な根拠が十分にあるPTSD治療法として知られています。『PTSDの持続エクスポージャー療法』と対になっていて、自分で取り組むことができるワークブックですが、エクスポージャー法はトラウマ記憶への暴露が中心で負担の大きいアプローチです。専門家の指導のもとで行うのが安全です。

 

青年期PTSDの持続エクスポージャー療法ー10代のためのワークブック

青年期PTSDの持続エクスポージャー療法 -10代のためのワークブック-
青年期PTSDの持続エクスポージャー療法 -10代のためのワークブック-

強いショックやトラウマで自分を見失ったり、苦しんでいる10代の人たちのための持続エクスポージャー療法のワークブックです。こちらも専門家のもとで行った方がいいでしょう。

 

トラウマをヨーガで克服する

トラウマをヨーガで克服する
トラウマをヨーガで克服する

こちらは、トラウマに身体からアプローチする方法です。

トラウマ記憶はもともと言葉になりにくい体験ですし、トラウマを語ることがフラッシュバックなどのトリガーとなる危険もあります。

トラウマ研究で知られたベッセル・A・ヴァン・デア・コーク博士が創設したボストンのトラウマ・センターで開発された<トラウマ・センシティブ・ヨーガ>に関する実践的な手引書です。

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

メールと電話のオンラインカウンセリング

人との関わりが不安でひきこもりがち
自信がもてずに落ち込みやすい
自分の人生を生きていないと感じる

近くに適した相談先が見つからない
メールや電話の方が相談しやすい
自分で改善する方法を学びたい

かささぎ電話相談室はこんなときのオンラインカウンセリングです

「読む」「書く」「話す」カウンセリングによって
性格や人間関係の特徴を知り
自分を助けるすべを学びます

次の小さなステップが見えてくれば
自信をもって人生の旅に踏み出すことができます


オンラインカウンセリングに申し込む

SNSでもご購読できます。

コメントを残す