対面以外のカウンセリング―電話相談、メール(手紙)カウンセリング、訪問

一般社団法人日本臨床心理士会のサイトの「臨床心理士に出会うには」というページの「心理相談機関利用ガイド」には、「対面以外には、どんな方法があるのでしょうか?」という文書が掲載されています。

 

カウンセリングや心理療法は、カウンセラーがいる場所(カウンセリングルームなど)に、クライエントの方に来談していただいてやりとりを行うことが基本です。少なくともこれまではそうでした(将来どうなるかはわかりません)。

対面によるカウンセリングは、これまでの多くの研究の積み重ねがありますし、カウンセラーのトレーニングも対面でのカウンセリング・心理療法から始まります。だから、もっとも効果が期待できるのも、対面のカウンセリングだといえます。

しかし、外出しにくい、距離が遠いといった理由で、カウンセラーのところに来談して相談するということが難しい場合もあります。

面談というかたち以外のカウンセリングの方法や、メリット・デメリットについての知見も蓄積されてきました。

この文書では、対面に代わるいくつかの方法が紹介されています。

  • 電話相談
  • メールカウンセリング
  • 手紙・FAXによるカウンセリング
  • 訪問カウンセリング

が取り上げられています。

電話相談(Skypeカウンセリング)

公的機関の電話相談や、「いのちの電話」などの機関が行っている電話相談は、多くは無料で利用することができます。また、名前を名乗らずに匿名で相談できるところが多いのも特徴です。

  • 誰にも話せない気持ちを表現して楽になることができる
  • 問題が交通整理され、解決の糸口や方向性が見えてくる
  • 相談先や医療機関などの情報を教えてもらうことができる

といったメリットがあります。

開業カウンセラーが行う電話相談についても取り上げられていました。スカイプ(Skype)などのインターネットを介した無料通話サービスを利用したインターネット・カウンセリングも増えてきています。

家から出られない、近隣に臨床心理士が いないなど、特殊な事情があり、電話だけで継続したカウンセリングを受けたい方もいらっしゃ るかもしれません。そのような場合には、相談時間や料金の設定が明確な電話相談を選ぶことをお勧めします。また、自分の相談したい事柄に関してその臨床心理士がどのくらい臨床経験を積んでいるかお尋ねになることも、決して失礼にはあたりません。電話相談では声と言葉だけが手懸りとなります。そのため、相談なさる側としては問題の詳細や深層が伝わりづらいと感じることもあるでしょう。また、相談を受ける側にも、面接相談とは異なる電話相談特有のセンスや技術が求められます。電話相談は単発的な相談や緊 急時の相談として世界的にも幅広く活用されており、対応の技術や効果と限界についての 研究がさらに深まることが期待されています。

 

と書かれていました。

有料の継続相談の場合は、料金の支払いなどがありますので、匿名というわけにはいかないでしょう。しかしカウンセラーとの継続した関係ができることのメリットも大きいと思われます。

「困ったことがあれば、またあのカウンセラーに相談しよう」

と感じられること自体がサポートとなることもありますし、「次のカウンセリング」までの時間にさまざまな思いを温めて抱えることで、変化や成長が促進されます。

詳しくは「電話相談と電話カウンセリングの特徴、どんなときに利用できるか?」をお読みください。

 

メールカウンセリング

メールカウンセリングのメリット・利点としては、次のようなことが挙げられます。

  • 都合のいい時に相談を書くことができる
  • 会って(あるいは電話などで)話すことに抵抗がある人でも利用できる
  • 外出しにくいとき、あるいは遠距離の場合でも利用できる
  • 思いを文章に書くこと自体が、問題の整理や気づきとなることがある
  • 自己開示しやすい
  • 後から読み直すことができる

デメリットとしては、どんなことが考えられるでしょうか?

  • 返信までにタイムラグがある
  • 相づちや表情などの言葉以外の情報のやりとりができない
  • ある程度の文章力、読解力が必要
  • カウンセラーの介入やサポートが限定される

こうしたことが、メールによるカウンセリングの限界だと考えられます。

詳しくは「メールカウンセリングの可能性と限界」をお読みください。

 

手紙・FAXによるカウンセリング

日本臨床心理士会の「相談機関利用ガイド」には、手紙やFAXを活用したカウンセリングについても書かれています。

手紙やFAXによるカウンセリングには、まとまった文章を書くために手間隙がかかること、テキ パキとした応答ができないことなどの短所がありますが、自分の考えや感じ方、心のあり方を じっくりと文章化した上で相談する、また、お互いが文章を何回も読み返して吟味できるとい う長所もあります。

とありました。

手紙によるカウンセリングは、実はけっこう昔から行われていたのです。

「カウンセリング」というよりは、「手紙相談」「手紙による告白」といった方が適切かもしれません。誰かを宛先にして、自分の思いや体験を文字にすることは、自分のこころを見つめるための有効な方法のひとつです。

精神分析の創始者であるジグムント・フロイトは、たくさんの手紙を書いた人としても知られています。

30代から40代後半にかけて、フロイトは年上の親友であったフリースに宛てて多くの手紙を送りました(284通送ったとのことです)。『フリースへの手紙』というタイトルで、本にもなっています(有名人は私信まで公刊されて大変ですね)。

フリースへの手紙は、フロイト自身の心の深層を告白したり、自己分析を試みる作業でした。これらの手紙によって、フロイトは自分の考えを整理し、精神分析学の理論を形作っていったのです。

だとすると、これは一種の「手紙による精神分析」や「手紙カウンセリング」と見ることもできるでしょう。

また、馬恐怖症になったハンスという名前の少年を助けるために、フロイトは父親と手紙のやりとりをしています。これも手紙カウンセリングといってよいと思われます。

手紙やFAXを活用したカウンセリングのメリット・デメリットは、メールカウンセリングと重なると思われます。ただ、電子メールと比べると、手書きで書かれることの多い手紙の方が情感が伝わりやすいという特徴があるでしょう。また、封書などで届いた手紙は、「贈り物」としての存在感がよりはっきり伝わります。他方で、コピーや下書きを残すのでなければ、自分の書いた文章を読み返しにくいといった弱みもあります。

 

訪問カウンセリング

訪問カウンセリング(訪問相談)とは、カウンセラーが家庭に訪ねて行う相談活動のことです。

次のような利点が挙げられていました。

1.相談者の方の慣れた環境で心理療法を開始できるので、不安感・緊張感などを軽 減しやすい。

2.病院や相談機関に通う心的エネルギーが乏しい方でも相談行為を開始しやすい。

3.ご家庭に訪問することによって、家庭や日常に密着した問題分析や助言を検討し やすい。

不登校や引きこもりの人を対象にしたカウンセリングなどで、訪問による支援が有効となることがあります。また、災害後の地域支援や、精神障碍者の地域医療などでも、訪問という相談形態が活用されています。