オンラインカウンセリングの流れ–相談申込から終結まで

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
オンラインカウンセリング

オンラインカウンセリングの相談申込から終結までの流れをご説明します。

1.メール相談

まずはメール相談で、カウンセリングについてのご質問や疑問などをお気軽にご相談ください。

メール相談には限界もありますが、可能な範囲で情報提供やカウンセラーからの助言を返信させていただきます(返信まで1〜2日ほどお待ち下さい)。

その後で、よろしければカウンセリングにお申し込みください(無理に勧めるようなことはしません)。

 

2.お申込み

カウンセリングお申込みページから電話カウンセリングをご予約ください。返信メールに記入された口座にカウンセリングの料金を事前にお振込ください。当日の予約時間までにお振込が確認できない場合は、キャンセル扱いとさせていただきます。

カウンセリングの料金は次の通りです。

50分のテレビ電話カウンセリングとメール相談(基本は1往復):8000円
*キャンセルの場合は、前日までにご連絡ください(当日キャンセル料50%、連絡なしの場合100%)。

 

3.メールカウンセリング

まずはメールカウンセリングです。ご相談内容について、さしつかえのない範囲でお書きください。

  • お名前
  • 年齢
  • お住まいの地域
  • ご相談内容(困っていることや悩みごと、症状など)
  • その問題はいつごろから始まったか
  • これまでに試みた対処(病院の受診なども含む)
  • どうなるといいか(できるだけ具体的に)
  • ご家族について(性格やあなたとの関係など)
  • 家族以外の重要な他者について(恋人や友人との関係で取り上げたいこと)
  • これまでの人生のにおける大きな出来事とその影響(たとえば災害や事故など)
  • 心身の病歴や受診歴
  • その他カウンセラーに伝えたいこと

すべてを書く必要はありませんが、カウンセラーが背景を理解することで、カウンセリングがスムーズに進むと思います。カウンセリングの前日くらいまでにメールで送っていただけると助かります。

また、書くことで問題や状況が整理されやすいと考えられます。整った文章を書く必要はまったくありませんので、思い浮かぶままに書いてみてください。

ごく簡単な心理テスト(チェックリスト)であれば、オンラインで実施することもできます。オンラインで実施できる心理テスト・チェックリスト一覧を参考にして、自己理解の手助けとしてください。

2回目以降のカウンセリングでは、電話セッションの前に、

  • 前回のカウンセリングへのコメント(感想や要望など)
  • この間に試みたこと、工夫したこと
  • 悩みや苦しみが比較的少なかったのはどんなときか
  • 肯定的な出来事や変化(よかったこと、うまくいったこと)
  • 気づいたことや発見
  • 今回、取り上げたい気がかり・困り事
  • 今回のカウンセリングで何が得られるといいか
  • その他カウンセラーに伝えたいこと

などをお書きください。ご要望や必要に応じて、日誌や手紙、あるいは過去の体験を書いてみるといったことをホームワークとして提案することもあります。

 

4.電話カウンセリング

安心して話せる時間と場所をつくってください。できれば、おひとりになれた方が話しやすいと思います。

電話によるカウンセリングの場合は、通話料金をご負担いただくことになります。
*電話番号はメールで事前にお伝えします。

スマートフォン・タブレット、あるいはPCなどをご利用の場合は、ZOOMという安全性の高い無料ソフト・アプリを使うことができます。アプリも、通話も無料です。かささぎ電話相談室からのメールにリンクを掲示しますので、そちらをクリックしてください。自動的にアプリがインストールされ、ルームに入室することができます。

通話用のマイクやカメラ(テレビ通話の場合)があることをご確認してください。
*テレビ電話を使うことも、音声だけで行うこともできますので、ご希望をお伝えください。

 

ZOOM Cloud Meetings

ZOOM Cloud Meetings
開発元:Zoom
無料
posted with アプリーチ

また、マイクロソフト社の通話ソフトスカイプを使っての通話も可能です。
*スカイプは、事前にインストールや登録が必要です。また米国では個人情報保護に関する不安が指摘されているといった問題があります。「通話無料のスカイプを使ったカウンセリング」もご参照ください。

 

5.カウンセラーからのメール

カウンセリングの後、カウンセラーからメールを返信いたします。1日~2日ほどお時間をください。

カウンセリングのまとめや、提案・情報提供、次回までに取り組んでいただきたいホームワークなどをメールさせていただきます。

次のカウンセリングまで、約2週間あります。その間に、ホームワークなどがあればカウンセラーにメールで連絡していただくことがあります。また、ご質問などにもできる範囲でお答えさせていただきます。内容によっては、カウンセリングの時間に扱う方が適切なこともありますので、そのときはそうお伝えいたします。
*メールの返信は、いずれも1~2日お待ちください。休日、祝日をはさむと返信が遅れることがありますことをご了承ください。

オンラインカウンセリングには、緊急対応などは難しいという限界があります。予約制をとっていますので、いのちの電話などと違って24時間相談可能というわけではありません。希死念慮が強い場合などは、近隣の精神科・心療内科への受診や、いのちの電話などのご利用をおすすめします。

 

6.その後の流れとカウンセリングの終結

「1回だけの相談でいい」という場合には、これでカウンセリングは終結です(その後2週間は、必要があればメールでサポートします)。

「続けてカウンセリングを受けてみよう」とお考えの場合は、初回のカウンセリングの際に、あるいはカウンセリングの後にメールで、日時をご予約ください。

6回のカウンセリングの流れは、おおよそ次のようになると考えられます(個人差はあります)。

 

初回~2回目:荷下ろしと整理、見立て

ご相談内容をメールや電話でうかがいます。まずは、困りごとの荷下ろしや心と関係の整理をしましょう。そしてカウンセラーとの共同作業で、あなた自身や周りの人々との人間関係についてより詳しく理解します。

3~5回目:スモールステップで最初の一歩に取り組んでみる

問題や状況が整理されて「地図」を描くことができたら、改善のためにどんなことに取り組むといいかも見えてくるでしょう。

「行動や気分の記録をつけてみる」

「本を読んでみる」

「日誌や自分史、手紙などを書いてみる」

「身体を動かしてみる」

「家の手伝いをしてみる」

「誰かとコミュニケーションをとってみる」

といった最初の小さな一歩を試みてみましょう。カウンセラーから「こんなふうにしてみては?」と提案することもあります。

6回目:ふりかえりと今後の見通し

3か月後に、これまでのふりかえりをしてみます。

できたこと、あるいはできなかったことなどが明らかになると、今後の見通しももちやすいと思います。「次のステップ」も見えているでしょう。

オンラインカウンセリングを継続したいと希望される場合は、目標や期間について再度話合いましょう。

 

カウンセリングについて、ご質問やご要望などがございましたら、無料メール相談フォームからお気軽にお問い合わせください。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

メールと電話のオンラインカウンセリング

人との関わりが不安でひきこもりがち
自信がもてずに落ち込みやすい
自分の人生を生きていないと感じる

近くに適した相談先が見つからない
メールや電話の方が相談しやすい
自分で改善する方法を学びたい

かささぎ電話相談室はこんなときのオンラインカウンセリングです

「読む」「書く」「話す」カウンセリングによって
性格や人間関係の特徴を知り
自分を助けるすべを学びます

次の小さなステップが見えてくれば
自信をもって人生の旅に踏み出すことができます


オンラインカウンセリングに申し込む

SNSでもご購読できます。

コメント

コメントを残す