カウンセラーはただ話を聴くだけ? 何を話せばいいの?

カウンセラーは何をしてくれるのか

対話によるカウンセリングは、プライバシーが守られたなかで自由に話していただくことで行われます。とはいえ、「カウンセラーは何をしてくれるの?」「ただ話を聴くだけ?」「自由にと言われても、何を話したらいいの?」といった疑問が浮かんでくるかもしれませんね。

 

続きを読む

カウンセリングを継続して受けることはできますか? 頻度と回数について

かささぎ電話相談室では、6回(2週間に1度の間隔で3ヶ月)のカウンセリングを提案しています。

これにはいくつかの理由があります。

「カウンセリングはどれくらいの頻度で受ければいいのですか?」

「何回くらい受けるといいでしょうか?」

よくあるご質問にカウンセリングの期間や回数についてのものが挙げられます。「長く通わないといけないのは経済的に負担だし」「やめると言い出しにくいし、やめたいと言ってやめさせてもらえなかったらどうしよう」と心配される方もおられます(もちろん、まっとうなカウンセラーなら、やめさせないなんてことはありませんけれども)。

ある程度、はっきりした見通しがもてた方が利用しやすいという方も多いので、この回数を提案させていただいています。

続きを読む

引きこもりから脱したい人のための読書療法ブックリスト

ドアを開ける

引きこもりとは

引きこもり(Social withdrawal)は、現在、厚生労働省で次のように定義されています。

「仕事や学校に行かず、かつ家族以外の人との交流をほとんどせずに、6か月以上続けて自宅にひきこもっている状態」 時々は買い物などで外出することもあるという場合も「ひきこもり」に含める——厚生労働省

いじめや挫折体験、ストレス、精神疾患などがひきこもりの原因となることもありますし、はっきりした原因がわからないまま引きこもることもあります。中学校、高校の不登校がきっかけということもあります。さまざまな要因によって、就学や就労などの社会参加の機会が失われている状態が引きこもりです。

 

続きを読む

メールカウンセリングのみ受けることはできますか?

メール相談

「メールカウンセリングのみ受けることはできますか?」

一言でお答えすると、「メールカウンセリングだけを受け続けることにはデメリットも大きいと思うので、できることならネット電話や対面の相談のご利用も考えてください。

補足で、メールカウンセリングについて少し書いてみます。

 

続きを読む

「カウンセリングを受けたくない」心理療法への抵抗感を知る心理テスト

カウンセリングを受けたくない

サルバトーレ・V・ディダード『自分がわかる909の質問』宝島社、2009年

という本から、「心理療法を受け入れられるか」についての心理テストを紹介します。

アメリカでもたくさんの人々がメンタルな問題で悩んでいますが、心理療法やカウンセリングを利用することに抵抗感が強いために、相談に行くことに二の足を踏む人も多いのだそうです。

「相談するなんて恥ずかしい」

「かえって傷つくんじゃないかと怖い」

「人に知られたらどう思われるか」

といったことが、「カウンセリングを受けたくない」という抵抗感につながるようです。女性よりも男性の方が、相談への抵抗感が大きいと書かれていました。この傾向はおそらく日本でも同様でしょう。

 

続きを読む

電話カウンセリングで臨床心理士に相談する

電話カウンセリング、臨床心理士

ここでは電話カウンセリングについて紹介しています。

  • 電話カウンセリングとは
  • 夜間に(あるいは24時間)相談できるところ
  • うつ・対人恐怖・パニック障害などの電話カウンセリング

といったことを取り上げています。

 

続きを読む

オンラインカウンセリング・セラピーの適応:どんなとき、どんな人に向いているのか?

オンラインカウンセリングに適しているのは

オンラインカウンセリングは、誰に対しても(あるいはどんな状況でも)役に立つというわけではありません。では、どのようなときに、どんな人が利用するといいのでしょうか? 逆にオンラインでの相談は避けた方がいいのは、どのような人でしょう?

電話相談と電話カウンセリングの特徴、どんなときに利用できるか?

では、「電話相談」と「電話カウンセリング」を比較していますので、そちらもご参照下さい。

 

続きを読む