オンラインカウンセリングについて

メールと電話それぞれの利点を活かします

メールカウンセリング電話カウンセリングそれぞれのメリットを活用します。

「相談したいが外出することや、人と会うことに不安がある」「近くに適切な相談先がない」「自分のペースでカウンセリングに取り組みたい」。

こうしたときに「オンラインカウンセリング」が活用できます。
Eメールやインターネット電話を活用して、「自宅などプラバシーの守られた安全な場所から」「時間を有効に使って」カウンセリングを受けることができるのです。メールでのサポートがありますので、自分のペースで相談することができます。

「読む」「書く」を通じてセルフヘルプを学びます

「読む」カウンセリング、「書く」カウンセリングは、セルフヘルプのスキルとしても役に立ちます。本を通じて自分を助ける方法を学ぶことは、うつや不安の改善・克服に効果的です。

また、日記・日誌や手紙、メールなどを「書く」ことで、感情を整理して自分を見つめなおすことができます。筆記療法には、自分のペースで無理なく進められるというメリットもあります。

「最初の一歩」のカウンセリング

カウンセリング(心理療法)が悩みの解決や生活の質・人間関係の改善に効果があることは広く知られています。また、悩みや問題が軽いうちに解決した方が、こじれることが少ないのです。悩みごとの悪循環に落ち込む前に、カウンセラーと適切な道を探して一歩だけ進んでみませんか?

一度の相談でも、いくらかは荷下ろしして問題を整理することができます。

続けてカウンセリングに取り組みたいということになれば、目標や期間を話し合って決めましょう。

最初の数回のカウンセリングで取り組むのは次のようなことです。

  • 荷下ろしと整理
  • 心と人間関係の地図を描く
  • 知恵とスキルをを手に入れる
  • 小さな一歩で自信をもつ

2週間に1度のペースで3ヶ月くらい(6回)が目安となります。

カウンセリングを続けたい、自分に合ったペースにしたいといったご要望にも対応します。