電話カウンセリングで臨床心理士に相談する

ここでは電話カウンセリングについて紹介しています。

  • 電話カウンセリングとは
  • 夜間に(あるいは24時間)相談できるところ
  • うつ・対人恐怖・パニック障害などの電話カウンセリング

といったことを取り上げています。

 

電話カウンセリングとは

電話相談にはいくつかのメリットがあります。

  • わざわざ出かけなくても自宅にいながら相談できる
  • 24時間、今すぐ相談できる
  • 無料のことが多い
  • 匿名で相談できる

といったことは大きなメリットでしょう。北海道から東京、あるいは沖縄まで、日本中どこにいても電話で相談することができます。

電話相談と電話カウンセリングの特徴にも書きましたが、両者にはどのような違いがあるでしょうか?

両者は重なるところもありますが、電話相談が基本的には「匿名で」「一回のみ」の相談活動であることと比べて、電話カウンセリングは「悩みや問題の解決」「行動の変化」「心理的成長」などを目的とした継続的な相談であるということが挙げられます。

匿名・無料の電話相談と比べると、継続的な電話カウンセリングの場合、まったく匿名というわけにはいかないことが多く、料金も必要となるでしょう。

一方で、カウンセラーとの継続的なかかわりがあると「今度のカウンセリングまでにこんなことを試してみよう」「こまったらまたあのカウンセラーに相談しよう」と思うことができます。

つらい気持ちを吐き出すことに加えて、もう少し長い目で自分を見つめなおしたり、新しい知識やスキルを学習することができるといったメリットも考えられます。

 

夜間に(あるいは24時間)電話で相談できるところ

夜間に、あるいは24時間いつでも、予約不要で電話相談ができるところをいくつか挙げます。

日本いのちの電話
毎月10日はフリーダイヤルの日です。0120-783-556 24時間・無料

NPO法人国際ビフレンダーズ大阪自殺防止センター
06-6260-4343、金:13時~(日曜)22時 毎夕木曜日に面接相談も行っているとのことです。

日本産業カウンセラー協会
9月9日~11日、産業カウンセラーが仕事や人間関係などの悩みの相談に乗る「働く人の電話相談室」を開設します。全国共通ダイヤル(0120・583・358)。午前10時〜午後10時。無料。

一般社団法人社会的包摂サポートセンター|よりそいホットライン
0120-279-338

*多重債務による自死をなくす会コアセンター・コスモス
080-6159-4733、毎日9時-20時

チャイルドライン
18歳までの子ども専用の電話相談です。0120-99-7777、月曜~土曜:午後4時~午後9時

こども相談窓口
18歳までのメール相談窓口です。

インターネットで検索すれば、他にも電話相談ができるところはあるでしょう。

 

うつ・対人恐怖・パニック障害などの電話カウンセリング

  • 気分が落ち込んで抑うつ的
  • 人の目が怖い
  • 人前に出るのが不安で仕方がない
  • 車や電車などに乗るのが不安
  • またパニック発作が起こるのではと心配

カウンセリングや病院への受診のためであっても、外出しにくいということがあります。家から出て、人目にさらされること自体に大きな不安を感じる人もいますし、電車などの交通機関に乗ると息苦しくなるという方もおられます。パニック発作を起こすのではと心配して、あるいはうつなどで意欲が乏しいため、外出を避けるという人もいます。

対人恐怖あるいは社会不安障害によって、外に出にくいという人は多いのです。

こうしたとき、電話によるカウンセリングが支えとなる可能性があります。精神科や心療内科につながるための最初の一歩として、電話カウンセリングを利用する人もいます。

近年、インターネットなどのテクノロジーの発展によって、スカイプをはじめとしたテレビ電話サービスが普及してきました。こうしたオンラインのサービスを活用したカウンセリングも増えてきています(英会話、家庭教師から占いまで、なんでもオンラインのサービスがある時代です)。

まだ新しい分野ではありますが、オンラインカウンセリングの効果については、少しずつ研究が積み重ねられてきています。詳しくは、

オンラインカウンセリングって本当に効果あるの?という疑問に答える4つの研究を紹介

をお読みください。ただし、メールや電話・ビデオ通話などを使った心理的援助には、メリットがあると同時にデメリットや限界もあります。

インターネットセラピー、オンラインカウンセリングの副作用

オンラインカウンセリングのメリットとデメリット

をご参照ください。

 

臨床心理士による電話カウンセリング

カウンセラーにはさまざまな「資格」があります。「公認心理師」というできたばかりの国家資格だけでなく、民間の学会やスクールなどが認定する資格がたくさんあって、いったいどんなカウンセラーを選べばいいか戸惑ってしまいます。

臨床心理士は、テレビドラマなどにもとりあげられることがあって、もっともよく知られたカウンセラーの資格ではあります。

もちろん、臨床心理士だからといって「(あなたにとって)いいカウンセラー」「おすすめのカウンセラー」とは限りません。

ただし、教育や研修システムがしっかりしていて、「臨床心理士倫理綱領」や、5年ごとの資格更新制度(研修会や学会に参加するなどの研鑽を積まないと資格を失ってしまう)などが定められているので、そうした意味では専門性の高い資格だと言うことはできると思います。

臨床心理士会などが主催で、無料の電話相談が行われることもあります。

「電話カウンセリング」「オンラインカウンセリング」をしている臨床心理士も、少しずつ増えてきました。

かささぎ電話相談室でも、臨床心理士による電話相談・電話カウンセリングを行っています。

まずはメールでお気軽にお問い合わせ・ご質問ください。

メールと電話のオンラインカウンセリング