オンラインカウンセリング・セラピーの適応:どんなとき、どんな人に向いているのか?

オンラインカウンセリングに適しているのは

オンラインカウンセリングは、誰に対しても(あるいはどんな状況でも)役に立つというわけではありません。では、どのようなときに、どんな人が利用するといいのでしょうか? 逆にオンラインでの相談は避けた方がいいのは、どのような人でしょう?

電話相談と電話カウンセリングの特徴、どんなときに利用できるか?

では、「電話相談」と「電話カウンセリング」を比較していますので、そちらもご参照下さい。

 

続きを読む

海外在住ですが、オンラインカウンセリングを受けることができますか?

Q.海外在住ですが、オンラインカウンセリングを受けることができますか?

 

A.インターネット環境が整っていれば、メールやテレビ電話を使用することができます。
ただし、法律によって、オンラインカウンセリングが制限されていることがあります。

 

たとえばアメリカでは、州ごとに独自のカウンセラー/セラピストのライセンスを認めています。
カウンセラーは、相談する人(クライエント)が住んでいる国・州でのライセンスをもっている必要があります。

 

かささぎ電話相談室のカウンセラーは、公益財団法人日本臨床心理士資格認定協会認定の臨床心理士資格を取得しています。他の国のライセンスはもっておりませんので、海外から相談を希望される方はオンラインカウンセリング(遠隔相談)に関するその国の法律をご参照ください。

 

オンラインカウンセリングに関する法律が定められておらず、特に規制されていない場合は、かささぎ電話相談室をご利用いただくことが可能です。

 

【参考】